阪急宝塚線に乗って

 
 
阪急電車の宝塚線に乗って
お出かけ。
 
南大阪人にとって
阪急電車でのお出かけは
プチ旅行みたいな感じ。
 
 
 
梅田→石橋で箕面線に乗り換えて
牧落駅で下車。
5分ほど歩いて、
けんちくの種さんに到着。
 
 
150628_120804.jpg
 
 
 
先日、お知らせした展示
 
最終日でした。
 
 
150628_120819.jpg
 
 
 
この日は
tojiさんのワークショップがあり
ワークショップの時間前に行って、
初めてtojiさんにお会いし、
いろいろお話させていただきました。
 
tojiさんのりんごと
小沢夏美さんのポストカードを購入。
 
 
150628_183258.jpg



 
150628_183234.jpg
 
 
 
 
けんちくの種さんを出て
近くにあるHIROコーヒーでランチ。
生ハムとバジルのサンドを
いただきました。美味しかった♪
 
 
150628_132620.jpg



 
150628_130432.jpg
 
 
 
 
HIROコーヒーを出て
牧落→石橋→池田
 
先日、お知らせしました
ieさんで開催中の(この日最終日)
渡部真由美(wassa)さんの個展。
 
 
150628_135141.jpg



 
渡部真由美さん、いらっしゃましたよ♪
 
 
150628_135510.jpg
 
 
150628_135853.jpg
 
 
150628_135843.jpg



 
150628_135826.jpg
 
 
 
今春、香川県の展示から
 
本名で活動している
渡部真由美さん。
 
作品展では渡部真由美さん、
雑貨などは
「wassa」で活動されるそうです。
 
今回、本名で初めての個展。
タイトルは「掘 潜」
おもてもうらも作品。
タイトルからして、
闇のような感じなのかな〜と思って
行ってみると
重なりあう色が独特の世界を
表現しているというか
光が射し込む深海?
遠くから光が射し込むトンネル?
潜っているというより
明るい未来を感じたわたくし。
 
ご本人が渡部真由美として
活動していくのを
楽しみにしているのかな?
お話ししていてもそう思いました。
 
わたくしもこれからの
渡部真由美さんとwassaさんが
楽しみだなぁと思った作品展でした。
 
 
wassaブローチ、お持ち帰り。
 
 
150628_183429_ed.jpg



 
渡部真由美さん、
次の展示は…待ってました!
芦屋 ヨハクさんでの
中嶋寿子さんとの二人展です。
7月2日から。
 
ヨハク
 
 
150628_221426.jpg
 
 
 
2013年の二人展
 
2014年の二人展
 
 



 
ieさんを出て
池田→雲雀丘花屋敷で下車。
 
てくてく歩いて約13分。
 
NOMAさんに到着。
 
 
150628_155450.jpg
 
 
 
ニット作家、能勢マユミさんの
ホームグランド。
6月28日、29日、7月1日は
ニットオープンアトリエということで
ずっとNOMAさんに行ってみたいと
思っていて
やっと行くことができました。
 
28日、29日は
されどさんの販売も
 
 
150628_155304.jpg



 
150628_155249.jpg
 
 
150628_155316_ed.jpg



 
150628_155327.jpg
 
 
150628_155339.jpg



 
150628_155424.jpg
 
 
150628_155438.jpg



 
150628_155348.jpg
 
 
 
マユミさんのブローチ
 
 
150628_155408.jpg
 
 
 
 
期間中、ワークショップがありますよ。
詳細は、NOMAさんのホームページを
ごらんください。
 
 
 
 
マユミさんに初めてお会いしたのが
3年前、
谷町六丁目 OriOriさんでの
家次久仁子さん、能勢マユミさんの
二人展で。
 
それからは
お会いしてなかったんですが、
facebookのつながりで
そんなにお会いしてなかったとは
思わなくて、
この日もいろいろ
お話させていただきました。
 
NOMAさんでは
「NOMAMISE」というイベントがあるので
 
またNOMAMISEの時に行きたいなぁ。
 



 
されどさんの靴下、お持ち帰り。
 
 
150628_183313.jpg
 
 
 
 
 
 
 
帰りに
天王寺のハルカス歩道橋を通ると
たくさんの人で混雑。
よくみると
お笑いコンビ「女と男」の二人が
ライブチケット売ってました!
大阪やなぁ〜。
 
 
150628_172050.jpg
 
 
 
和田ちゃんのマッシュルーム
かわいい〜。
 
 
 
 
 
 


It comments.










Track back Url of this Article
トラックバック機能は終了しました。
Track Back