<< 玉村ヘビオ作品展「Figura」 | HOME | 箱舟 >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
 泉大津ハヤブサ観察会
 
 
時々、お知らせしている
泉大津のハヤブサのこと。
 
 
再度、ご説明しますと…
 
わたくしが暮らす地元近く
泉大津市の海側に
きららタウンがあり、
きららタウンにある高層ホテルの
高層階ベランダに
2004年、ハヤブサの巣が確認され
2006年に
泉大津ハヤブササポート倶楽部が
結成され、
見守り活動が始まりました。
 
いままでの経緯
 
 
NHKの「ダーウィンが来た」でも
紹介されました。
  ↓↓
 
 
 
観察会は
ホテルの真向かいにある
きららセンタービルで
あるんですが、
普段は、高速道路利用者しか
入れないので
観察会当日に、特別に
ホテル側からセンタービルへ
渡って高層階へ上がることができます。
 
 
わたくしが
ハヤブサ観察会に参加し始めたのは
3年前の3月です。
 
 
 
 
 
 
今年は大きな出来事がありました。
メスのそらちゃんが
卵を産みましたが
すべて孵化しなかったことと
今で、ずっと居たオスのきららくんが
行方不明に。
 
 
この先、そらちゃんや
サポート倶楽部の活動は
どうなるのか!? と、思ってたところに
新しいオス
2代目きららくんが現れました。
 
 
そして、昨日は
2016年最後の観察会。
 
 
 
160612_131358.jpg
 
 
 
到着したときは
2代目きららくんは巣の方に、
そらちゃんは、
きららセンタービルの
アンテナみたいな所にいて
ガラケーでも撮影できました。
 
 
160612_131210.jpg
 
 



 
しばらくして
2代目きららくんが飛び出して
双眼鏡でも見えないほど遠くに。
 
 
サポート倶楽部の方々と
お話ししてると
まるで「せ〜の」と合わせたかのように
そらちゃんと2代目きららくんが
同時に巣に戻ってきて
いつもサポート倶楽部の
ホームページ内の観察日記で
よく見る光景、
“あいさつ2ショット”を
Liveカメラで見ることができて
観察会に来ていたみなさんから
歓声が!
 
 
そのあと、
2代目きららくんが巣から
まるでこちらに
まっすぐ向かってくるような感じで
センタービルに!近っ!
 
 
そのあと、
ホテルの巣より下の階の辺りで
雨宿り?
望遠鏡にガラケーをくっつけて撮影。
 
 
160612_144007_ed.jpg
 
 
 
青い矢印の辺り。
(赤い矢印は巣があるところ)
 
 
160612_144339_ed_ed.jpg
 



 
そのあとも
そらちゃんが飛び出して
場所を確認していたら
残念ながらバスの時間がきて
うしろがみひかれる思いで
帰りました。
 
 
 
2016年の観察会は終わりましたが、
今後も見逃せない恋の行方。
ホームページ内の
Liveカメラと観察日記を
毎日チェックしたいと思います。
 
 
 
あっ、そうそう。
サポート倶楽部では
活動資金として寄付をお願いしてます。
(Liveカメラ代など)
 
今年は寄付すると
ポストカードだけでなく
新しくピンバッジが!
 
早速♪
 
 
160612_183916_ed.jpg
 
 
160612_161520_ed.jpg
 
 
160612_161710_ed.jpg
 
 
 
 
谷町六丁目にある
日本野鳥の会 大阪支部でも
サポート倶楽部に
寄付していただくと、
このピンバッジがもらえます。
 
サポート倶楽部メンバーであり
観察日記の管理をされてる
“ねこさん”が
野鳥の会大阪支部に
毎週火曜日、いらっしゃるそうです。
 
 
 
来年の観察会も楽しみ♪
来年こそ、ヒナの姿、見たいなぁ。
 
 
 
 
 
 


| 泉大津ハヤブサ | comments(0) | trackbacks(0)
 スポンサーサイト
| - | - | -


 COMMENT


 POST A COMMENT









 この記事のトラックバックURL
http://bebe-bird.jugem.jp/trackback/3486
 TRACKBACK



CALENDAR 
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES 
PROFILE 
Twitter 
Twitterボタン
サントリー愛鳥活動 
CATEGORIES 
ARCHIVES 
 
OTHER 


MOBILE 
qrcode